全国旅行支援|最新の販売状況を更新中詳しくはこちら

    民泊予約は【Vacation STAY】がおすすめな理由5選!注意点や口コミも紹介|全国旅行支援も対象

    民泊予約は【Vacation STAY】がおすすめな理由5選!注意点や口コミも紹介|全国旅行支援も対象
    • 家族旅行の費用を押えたくて民泊を検討中。でも予約方法がよくわからない
    • おすすめの民泊予約サイトがあればおしえてほしい

    民泊はじめてだけど大丈夫かな・・・

    このような疑問や悩みにおこたえする記事です。

    何かとお金がかかる家族旅行。少しでも宿泊費を押えたいですよね。

    そんな方にピッタリなのが民泊です。ホテルや旅館など一般的な宿泊施設に比べてリーズナブルな価格で泊まることができるからです。

    さらにキッチンや日用家電、デスク、Wi-Fi環境などの設備がととのった民泊施設もありワーケーション目的の滞在にも向いています。

    とはいっても、民泊施設を探すのってちょっとハードルが高いですよね。

    民泊ってどうやって予約すればいいの?

    かわうそ
    かわうそ

    そんな方におすすめは Vacation STAY(バケーションステイ です

    バケーションステイ

    Vacation STAY は楽天グループが運営するの民泊予約サイト。日本全国に10万室以上もの客室が登録されています。

    この記事では「Vacation STAY」がおすすめな理由5選とや予約するときの注意点を紹介します。

    民泊を検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

    全国旅行支援が対象の施設もあります

    タップできる目次

    楽天の民泊予約サイト「Vacation STAY」おすすめの理由5選(メリット)

    民泊とは、個人用の住宅やマンションを旅行客などに貸し出しをするサービスのことです。

    「民泊」についての法令上の明確な定義はありませんが、住宅(戸建住宅やマンションなどの共同住宅等)の全部又は一部を活用して、旅行者等に宿泊サービスを提供することを指して、「民泊」ということが一般的です。ここ数年、インターネットを通じて空き室を短期で貸したい人と宿泊を希望する旅行者とをマッチングするビジネスが世界各国で展開されており、急速に増加しています。

    引用元:民泊制度ポータルサイト

    国内旅行の宿泊先として、民泊を選択肢に入れないのはもったいないです。

    民泊には、以下のようなホテルなどの宿泊施設よりも優れている点があるからです。

    • 部屋単位の料金設定のため人数によっては広い部屋に割安で泊まれる
    • キッチンやアウトドアスペースなど、ホテルにはない快適さを、ホテルのスイートルームの数分の一の値段で利用できる
    • プライベートな空間を確保できるため、自分好みに合わせた滞在ができる
    • キッチンで、自炊ができるので旅費を節約できる
    • チェックインの時間に縛られることもなく行動の自由度が高まる

    Vacation STAY は、民泊施設を営むホストと旅行者などのゲストをつなぐ民泊・宿泊予約サイトです。

    バケーションステイ

    運営は、楽天グループの民泊事業会社 楽天LIFULL STAY株式会社 が行っています。

    「Vacation STAY」をおすすめする理由は以下の5つ

    1. 安心感(選ばれた施設のみ掲載されている)
    2. 利便性(日本全国で10万室以上の登録があり)
    3. お得感(楽天グループのサービスを受けれる)
    4. 選択肢(宿タイプを旅行のスタイルや好みで選べる)
    5. 快適性(楽天がプロデュースしたワンランク上の施設も選べる)

    おすすめの理由①:安心感(選ばれた施設のみ掲載されている)

    民泊でいちばん気になるのが安全面ですよね。

    特に東京オリンピックを契機に、無許可の民泊施設が増えたことは記憶に新しいと思います。

    その点「バケーションSTAY」は安心です。「バケーションSTAY」には「民泊新法に基づく届出や、特区民泊の認定、旅館業法に基づく簡易宿所の許可を受けた施設しか掲載されていないからです。

    万が一「宿泊先のホストと連絡がとれなくなった」などトラブルが発生しても、カスタマーズサービス対応があるのも安心です。

    おすすめの理由②:利便性(日本全国で10万室以上の登録があり)

    「Vacation STAY」は2018年に出来たばかりのサイトながら登録室数は10万室を超え、日本全国のマンションや一戸建て、別荘、ホテルなどの民泊施設を幅広く提供しています。

    日本各地の宿泊施設にアクセスできるため、日本旅行を計画している方にとって非常に便利なサービスです。

    特にホテルなどの宿泊施設が少ない地域で「Vacation STAY」は威力を発揮します。

    おすすめの理由③:お得感(楽天グループのサービスを受けれる)

    Vacation STAYを利用すると、料金の1%が楽天スーパーポイントで還元されます。もちろん、支払いに楽天ポイントを充てることも可能です。

    楽天の非会員の方も、Vacation STAYに登録すると自動的に楽天の会員になり、さまざまなキャンペーンや割引、特典を受けることができます。

    おすすめの理由④:選択肢(宿タイプを旅行のスタイルや好みで選べる)

    Vacation STAYは、旅のスタイルや好みに合わせて様々なタイプの宿泊施設を簡単に選ぶことができます。

    たとえば・・・

    夏休みは、子供を自然の中で思いっきり遊ばせたいな

    という方には「コテージタイプ」がぴったり。ペットOKの施設もありますよ。

    集中してワーケーションできる場所はないかな

    という方には「マンション/アパートタイプ」がぴったり。リーズナブルに長期滞在ができます。

    おすすめの理由⑤:快適性(楽天プロデュースの高品質な宿泊施設も選べる)

    バケーションステイ

    「Vacation STAY」には、楽天がプロデュースした「Rakuten STAY(楽天ステイ)」というブランド名の宿泊施設があります。

    民泊を利用したことがないし、設備面も心配だわ

    民泊といっても、ちょっとはリッチに過ごしたいな

    そんな民泊初心者の方は「Rakuten STAY」がおすすめ

    「Rakuten STAY」はどの施設を利用しても、楽天ブランドのコンセプトに基づいた設備やアメニティなどの快適なサービスがを受けることができるからです。

    ほんの一例ですが、こんなユニークな企画の客室もあります。

    楽天の民泊予約サイト「Vacation STAY」の注意すべきデメリット

    楽天の民泊予約サイト「Vacation STAY」には、多くのメリットがありますが、注意すべきデメリットもあります。

    宿泊施設によってサービスや品質に差がある
    「Vacation STAY」だけに限りませんが、民泊施設により設備やアメニティに差があります。駐車場がない施設もありコインパーキンング代が発生することもあります。ホストの対応にも差があります。
    Rakuten STAY」を利用すれば、どの施設でも楽天ブランドのコンセプトに基づいたサービスがを受けることができます。
    比較的新しいサービスのため情報が少ない
    「Vacation STAY」は2018年にできたばかりのサービスです。知名度もそれほどありません。ネット上の口コミやレビューなどを頼りにしている方は不安に感じるかもしれません。
    リクエスト予約の場合はすぐに確定しない
    「Vacation STAY」の予約方法は『即時予約』と『リクエスト』のふた通りです。『リクエスト』の場合、施設主(ホスト)が承認したいと予約が確定しません。即時予約の表示がない宿泊施設は注意が必要です(ほとんどは『即時予約』です)
    28日前からキャンセル料が発生する施設がある
    「Vacation STAY」はキャンセル発生が3パターンあります。もっとも最も早いタイミングでチェックイン日の28日前からキャンセル料率が適用になります(画像は公式サイトより引用)

    「Vacation STAY」利用者の口コミは?

    ネット上で、よい口コミ、残念な口コミを探してみました。

    (「Vacation STAY」が比較的あららしいサービスということもあり、ネット上の口コミはあまり多くはありませんでした。)

    よい口コミ

    行く場所の土地勘もなく、空港から何分くらいの場所なのか送迎はあるのかなど分からない点が多く不安でしたが、その点においても記載があってわかりやすかったです。また利用して旅をしたいなと思いました。総合的に良い評価ができると思います。

    引用:コエシル 最新口コミ情報サービス

    残念な口コミ

    当日現地で、参加できるマリンスポーツや観光地を探したかったのですが、Wi-Fiや電波環境が悪いせいもあって、お天気に左右され結局やりたいことができずに時間だけが過ぎてしまう勿体ないことをしてしまった点においては、歯痒さを感じました。

    引用:コエシル 最新口コミ情報サービス

    チェックインの方法のメールが来ず、ホテル内に入る事も出来ず寒空の下とりあえず書いてある電話番号に電話するも繋がらず。運良くホテルから出てきたお客さんに教えてもらい、チェックインできました。
    その後、チェックアウト日にお詫びの電話が来ましたが、何が言いたいのか。ホテル自体はとても満足しましたが、対応が最悪でした。

    引用:楽天トラベル

    駐車場がないので隣のコインパーキングに駐める必要があります。
    みなさんチェックインの時間が重なり、タブレット端末2台ありますが、受付部分が狭いため密になってしまいます。またチェックインのシステムが異常にめんどくさいです。お年寄りには無理だと思います。

    引用:楽天トラベル

    「Vacation STAY」で民泊を予約する方法と注意点

    バケーションSTAYの予約はシンプルで簡単。

    バケーションステイのウェブサイトにアクセスし、ご希望のエリアと宿泊タイプを選択し「今すぐ予約する」ボタンをクリックするだけです。

    予約が確定すると、道順や連絡先など、宿泊に関するすべての詳細が記載されたメールが届きますので内容をご確認ください。

    予約時に注意すること
    • 「料金」「所在地」「間取りや設備」「カギの受け渡し方法」「キャンセルポリシー」「施設を利用する際の注意事項」などをしっかり確認しましょう
    • すぐに予約を確定させたい場合は「即時予約」の記載がある施設を選びましょう

    • 予約確定後に「宿泊日数や人数の増減」で料金が変わる場合、「キャンセル」⇒「再予約」が必要です。その際、キャンセル料が発生する可能性があります。

    全国旅行支援が対象の施設もあります

    まとめ ~民泊予約サイトを上手く利用してオリジナルな旅を~

    民泊はホテルなどの宿泊施設に比べ、自由度が高くコストパフォーマンスに優れています。

    楽天の「Vacation STAY」は、安心かつリーズナブルな民泊施設をお探しの方におすすめのサービスです。

    バケーションステイ

    「Vacation STAY」がおすすめの理由はこちら

    1. 安心感(選ばれた施設のみ掲載されている)
    2. 利便性(日本全国に10万室以上の登録があり)
    3. お得感(楽天グループのサービスを受けれる)
    4. 選択肢(宿タイプを旅行のスタイルや好みで選べる)
    5. 快適性(楽天がプロデュースしたワンランク上の施設も選べる)

    「Vacation STAY」利用時の注意点はこちら

    1. 宿泊施設によってサービスや品質に差がある
    2. リクエスト予約の場合はすぐに確定しない
      (ほとんどは即時予約できます)
    3. 28日前からキャンセル料が発生する施設がある

    民泊に慣れていな方は、楽天がプロデュースした Rakuten STAY(楽天ステイ)ブランドの施設がおすすめ。

    ぜひ楽天の民泊予約サイト「Vacation STAY」を上手に利用して、あなただけのオリジナルな旅を楽しんでくださいね。

    全国旅行支援が対象の施設もあります

    民泊予約は【Vacation STAY】がおすすめな理由5選!注意点や口コミも紹介|全国旅行支援も対象

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    いいね!と思ったらシェアお願いします
    タップできる目次