ブロック割(県民割)は8/31まで詳しくはこちら

    戦場ヶ原散策&地元グルメ満喫!奥日光1泊2日ドライブモデルプラン

    戦場ヶ原散策&地元グルメ満喫!奥日光1泊2日ドライブモデルプラン

     この記事は、こんな方に向けて書いています。

    • 奥日光で1泊2日のドライブ旅行を計画されている方
    • 奥日光の自然を手軽に楽みたい方
    • 奥日光の温泉やグルメを満喫したい方
    • スケジュールにゆとりをもって旅をしたい方

    リタイアかわうそ(60代主婦)です。

    先日わたしは、夫(60代)と奥日光で周辺で1泊2日で温泉ドライブ旅を楽しんできました。

    かわうそ

    わたしたち夫婦は、旅先であまりスケジュールをつめこまないまったり派です

    かわうそ夫

    美しい自然と地元のグルメを満喫して過ごすのが最高だなあ~

    今回ご紹介する【1泊2日】のドライブ旅プランは、60代夫婦のわたしたちが実際に旅行した日程を基にしたムリのないスケジュールです。

    「奥日光の自然に親しみたい!」「地元のグルメも味わいたい!」

    そんなあなたにぴったりのおすすめドライブモデルプランです。

    奥日光の大自然と地元グルメを満喫する1泊2日のコースです。

    かわうそ

    電車でお越しの方は「東武日光駅」からレンタカー利用が便利ですよ

    タップできる目次

    【1泊2日】奥日光エリア温泉ドライブ旅|ゆとりのあるスケジュール

    こちらが、今回ご紹介するドライブ旅モデルコースのスケジュールです。

    かわうそ

    気になるスポットをタップしてね

    1日目のスケジュール

    自宅を車で出発

    12時前に現地に到着するように余裕をもって出発します

    12:00~12:30

    戦場ヶ原近くの「三本松茶屋」に駐車して昼食をとります

    13:00~13:30

    戦場が原の木道をのんびりハイキング

    15:00~:16:00
    宿にチェックイン

    チェックインの後は宿の温泉を満喫

    2日目のスケジュール

    10:00~11:00
    宿をチェックアウト
    11:30~12:00
    15:00

    中禅寺湖畔にある「シェ・ホシノ」でニジマスのムニエルのランチコースを楽しみます

    帰宅

    余裕をもって現地を出発します

    かわうそ

    では、スケジュールに沿って立ち寄りスポットの楽しみ方を紹介します

    【1日目の過ごし方】戦場ヶ原で奥日光の自然を満喫!

    昼食は「三本松茶屋」の日光湯葉うどんがおススメ

    画像引用:三本松茶屋の公式サイト

    奥日光に到着したら、まずプチハイキングに備えて腹ごしらえ!

    今回は戦場ヶ原の近くにあるある 三本茶屋 で昼食をいただきます。

    三本松茶屋は、道ひとつ隔てたすぐ先に戦場ヶ原がある場所にある食事処&お土産屋さんです。

    三本松茶屋の近くにある戦場ヶ原

    かわうそ

    私のおススメは 『日光湯葉うどん』です

    トッピングの湯葉がおいしくて、日光にくるといつも食べています。

    三本松茶屋の日光湯葉うどん

    「日光湯葉」は京都の湯葉に比べてずっしりとして食べ応えがあります。

    日光湯葉そばもあります

    三本松茶屋は、「湯葉うどん」などの麺類以外のメニューも充実しています。

    「食べログ」にメニューの写真がたくさんのっていますので、チェックしてくださいね。

    三本活茶屋の基本情報

    施設名三本松茶屋
    住所日光市 戦場ヶ原三本松2493
    電話0288-55-0287  
    定休日年中無休
    12月~3月は水曜日が臨時閉店
    年末年始、祝日、団体の食事処予約日を除く
    駐車場
    50台
    隣接する三本松駐車場は100台以上
    公式サイト公式ホームページ

    「三本松茶屋」の駐車場からは、男体山の姿を間近で見ることができます。

    <メインイベント>戦場ヶ原のプチハイキングで奥日光の自然を満喫!

    戦場ヶ原で散策

    さあ、今回の旅のメインイベント「戦場ヶ原プチハイキング」です。

    戦場ヶ原は、その昔中禅寺湖をめぐって「男体山」と「赤城山」の神さまが争った戦場だったとの言い伝えがあります。

    400ヘクタールもの広大な面積の湿原には「自然研究路」が整備され人気の散策コースになってます。

    男体山を背景にした広大な湿原の風景を存分に楽しみましょう。

    実は「3本松茶屋」前の道路を隔てたところ、戦場ヶ原を一望できる展望スペースがあります。

    戦場ヶ原の展望スペース

    ここからの眺めも素晴らしいのですが、ぜひ「戦場ヶ原」を散策して奥日光の大自然を満喫していただきたいと思います。

    戦場ヶ原の散策コースは、ほとんどアップダウンのない、とても歩きやすい木道になっているのでご安心ください。

    歩きやすい木道を歩きます

    散策コースの入り口は「赤沼」という場所にあります。

    昼食後は車で戦場ヶ原散策コース入口の「赤沼」まで移動し、赤沼駐車場 に駐車します。

    駐車場から「赤沼バス停」方面に向かうと約10分弱で「戦場ヶ原の入り口」に到着します。

    散策コースは「泉門池(いずみやどいけ)」までの往復になります。

    赤沼駐車場」から「泉門池」まで 片道2.4キロ(約65分)

    • 実際は写真をとったりする、もう少しかかります
    • 泉門池まで行かなくても、じゅうぶんに景色を楽しめます

    かわうそ

    旅のスケジュールに合わせて、途中で折り返してくださいね

    戦場ヶ原の夏

    戦場ヶ原を散策した後は、宿で温泉につかって旅の疲れをゆっくり癒してくださいね。

    【2日目の過ごし方】湖畔のビストロでニジマスのムニエルを堪能!

    私が宿泊した奥日光の宿

    湯ノ湖周辺をのんびり散策

    湯ノ湖ごしに男体山をのぞむ

    日光湯元温泉にある神秘的な湖「湯ノ湖」

    宿をチェックアウトしたら、湯ノ湖をのんびり散策するのがおススメです。

    「湯ノ湖」には、全周約3Kmの湖畔を一周できる散策路が整備されています。

    湯ノ湖の基本情報

    住所栃木県日光市湯元
    電話0288-62-2321  (日光湯元ビジターセンター)
    駐車場駐車場情報はこちら
    戦場ヶ原散策&地元グルメ満喫!奥日光1泊2日ドライブモデルプラン

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    タップできる目次