旅行サイト14社 割引キャンペーン情報更新中

    北一硝子三号館「北一ホール」で小樽御膳を満喫!店内の雰囲気やメニューは?【小樽市堺町通り商店街】

    北一硝子三号館「北一ホール」で小樽御膳を満喫!店内の雰囲気やメニューは?【小樽市堺町通り商店街】

    温泉かわうそです。ご訪問ありがとうございます。

    先日、【北一ホール】で「小樽御膳」のランチを満喫してきました。

    【北一ホール】は 北海道小樽市の堺町通リ商店街の「北一硝子三号館」にあるカフェレストラン。

    「北一硝子三号館」は、かつて小樽がニシン漁で栄えていた頃に漁業用倉庫だった建物です。

    小樽北一硝子3号館北一ホールを撮影した写真
    当時の繁栄をしのばせる趣きある外観

    この記事では【北一ホール】の幻想的な店内の雰囲気と共に、小樽観光のランチにおすすめの「小樽御膳」を紹介します。

    ぜひ<旅のグルメすぽっと>として参考にしてください!

    「北一硝子3号館」の歴史は、公式サイトで詳しく紹介されています

    飛ばし読みできる目次

    【北一ホール】幻想的なランプの灯に感動!

    北一硝子はその昔、石油ランプを作ったことで成長しました。

    そのため【北一ホール】の照明はすべて北一硝子の象徴である石油ランプが使われています。

    店内に一歩足を踏み入れた瞬間、幻想的な雰囲気に圧倒!一気にタイムスリップしたかのよう。

    幻想的な北一ホールの店内

    各テーブルにランプの灯がともります。ピアノのBGMが心地よいです。

    天井を見上げると、倉庫だった頃の趣きが感じられます。

    まるで時間が溶けていくような、不思議な感覚に感動しました。

    【北一ホール】はこの雰囲気を味わうだけでも、訪れる価値があります。

    ランプを点灯する作業を見学できます(10時~10時30分)

    【北一ホール】食事以外にスイーツやアルコールメニューも充実

    【北一ホール】の幻想的な店内では、食事以外にスイーツやお茶、アルコール類を楽しむことができます。

    お食事メニュー

    タップすると拡大します

    ドリンク&スイーツメニュー

    タップすると拡大します

    かわうそ夫

    地ビールやワインの飲み比べセットもある。いいね!

    かわうそ

    限定メニューも魅力的でです!

    【北一ホール】メニューの詳細は公式サイトをご確認ください

    【北一ホール】地元漁師飯を再現した「小樽御膳」を堪能しました

    今回はお目当ての「小樽御膳」をいただきました。

    小樽御膳はニシン漬けや三平汁など、小樽の伝統的な食文化が味わえる人気メニューのひとつです。

    出典:北一ホール公式サイト

    【北一ホール】はセルフサービスです

    【北一ホール】はセルフサービス式です。最初にレジで注文と支払いをするとベルを渡されます。

    席を確保し、ベルが鳴ったらカウンターまで食事をとりに行くシステムです。

    ノスタルジックな雰囲気に比べ、システムが今風に感じましたが・・・

    薄暗いホールを店員さんが食事を持って行き来するのは少し危ないですからね。

    テーブルでベルが鳴るのを待ちます

    ベルが鳴ったのでカウンターに食事を受け取りに行きました。

    お水用のグラスも北一硝子です。

    地元の食文化を味わえる「小樽御膳」実食レビュー

    小樽御膳は、ご飯+三平汁+おかず3品となっています(店内が薄暗いため写真も暗くなってすみません)

    小鉢①(ニシンの煮物と卵焼き)

    小樽といえばやっぱりニシンです。ニシンの煮物は甘辛い味つけでご飯とよくあいます。

    かつてニシン漁が盛んだった時代に思いをはせながらいただきました。

    小鉢②(かにのほぐし身とホタテの煮物)

    こちらも小樽らしい一品。ホタテは柔らかくて薄味でした。

    数の子+シャケのくんせい+シメサバ

    こちらのおかずは、完全に呑みメニューですね。

    私はどちらかと言うとシメサバが苦手ですが、このシメサバは新鮮なせいか美味しくいただくことができました。

    具だくさんの三平汁

    三平汁の中には「ぶり」「大根」「人参」「じゃがも」が入っています。薄味でとてもヘルシーでした。

    食事を通して、小樽の歴史に少し触れたような気分になれたのも旅の想い出になります。

    おしゃれな空間も相まって、大満足のランチタイムでした。

    【北一ホール】食後は「北一硝子三号館」内を散策

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9b86dbdc8b8d9d61f2442f3313571ad4.jpg

    食事の後は「北一硝子三号館」内を散策。

    いちばん印象的だったのは、館内に敷かれた線路跡。

    かつて小樽運河から倉庫までたくさんのニシンを運ばれた頃の喧騒が聞こえてくるようです。

    館内の売店では、北一硝子のお土産を購入することができます。

    【北一ホール】Xの口コミレビュー投稿を紹介

    「北一特製ミルクティソフトクリーム」おすすめ!

    かわうそ

    紅茶の香りのソフトクリーム!食べてみたい

    『紅茶の特性シフォンケーキとロイヤルミルクティ』

    かわうそ

    紅茶系スイーツが充実していますね

    飲み比べるーびーが染みる

    かわうそ夫

    この空間で小樽ビールなんて最高だね!

    【北一ホール】の基本情報

    施設北一硝子 三号館
    北一ホール
    電話番号 0134-33-1993
    住所北海道小樽市堺町7-26
    営業時間8:45~18:00 (LO17:30)
    定休日なし
    アクセスJR函館本線南小樽駅から徒歩10分
    喫煙敷地内は禁煙です
    関連サイト公式サイト
    出典:北一ホール公式サイト

    まとめ  ~小樽の雰囲気にひたりたいなら訪れたいランチスポット

    この記事では、ランプの灯に癒される北一硝子3号館【北一ホール】を紹介しました。

    北一ホールは、小樽の雰囲気にどっぷりひたりたい方におすすすめのランチスポットです。

    私は小樽観光初日のランチに「小樽御膳」目当てで利用しましたが・・・

    かわうそ

    地元の食文化や歴史を感じることができて最高の想い出になりました

    また小樽に訪づれる機会があったら、ぜひ北一ホール限定の紅茶系スイーツを堪能したいと思います。

    最後までお読みくださりありがとうございました。

    いいね!と思ったらシェアお願いします
    飛ばし読みできる目次