【御朱印めぐり】東京版お遍路38番札所|住宅街に佇む金乗院(目白不動尊)駅からの詳しい道順も紹介

    【御朱印めぐり】東京版お遍路38番札所|住宅街に佇む金乗院(目白不動尊)駅からの詳しい道順も紹介

    リタイアかわうそです。ご訪問ありがとうございます。

    今回は、東京版お遍路(御府内八十八カ所巡礼コース)の38番札所である豊島区【金乗院(こんじょういん)】で御朱印をいただいたときの体験レポートです。

    この記事ででわかること
    • 金乗院でいただける御朱印
    • 御朱印のいただき方やお代
    • 金乗院の雰囲気など
    実際の
    写真で
    紹介します

    目次(読みたいページにジャンプできます)

    東京版お遍路38番札所【金乗院】(目白不動尊)とは

    金乗院の由来が書かれた看板

    金乗院は、東京都豊島区にある真言宗豊山派のお寺です。

    江戸五色不動のひとつ目白不動尊があることでも有名です。

    金乗院は、天正年間 (1573~92) の創建と考えられています。

    本堂は戦災で焼失しましたが、昭和46年 (1971) に再建され、平成15年 (2003) に全面改修されています。

    本堂には、観音様がご本尊として祀られています。

    金乗院本堂を撮影した写真
    金乗院本本堂

    目白不動尊は、本堂正面から向かって右側の階段を上ったところにがあります。

    金乗院目白不動尊の外観を撮影した写真
    目白不動尊

    目白不動尊には、弘法大師が出羽・湯殿山で刻んだと伝えられる不動明王像がご本尊として祀られています。

    御朱印といっしょにいただいた「しおり」に不動明王像の写真がありました。

    こちらが弘法大師(空海)がつくったとされるご本尊さまなんですね

    不動明王像

    目白不動尊の不動明王像は、元々は新長谷寺と言うお寺の御本尊でした。

    新長谷寺は、金乗寺から1キロほど離れた文京区関口にあったそうですが、戦災で焼けてしまったそうです。

    そのため、現在は金乗院の境内に目白不動尊像として祀られているとのことです。

    戦火の中、必死で守ったのですね。

    東京には、5つの不動尊があり「5色不動めぐり」と呼ばれています。

    かわうそ

    「目白」の他に「目黒」「目赤」「目青」「目黄」があるそうです

    【金乗院】の雰囲気

    住宅地の中にあるお寺です

    【金乗院】は、豊島区高田2丁目の静かな住宅地の坂の途中にあります。

    地元に密着した、静かな雰囲気のお寺です。

    参拝者は、私以外にひとりしかいませんでした。

    約20年前に改修されたという本堂は、鉄筋コンクリート造りのためやや趣きに欠けるところはあります。

    だだ、山門は重厚な木造で歴史の重みを感じることができました。

    重厚感のある金乗院の山門
    本堂横の弘法大師の像
    趣きがある墓地の入り口
    安永9年(1780年)に建てられた丸橋忠弥の墓
    天保2年(1981)に日本初の図書館(青柳文庫)をつくった青柳文三のお墓
    金乗院の歴史を感じます

    【金乗院】基本情報

    住所東京都豊島区高田2-12-39 
    電話番号03-3971-1654
    御朱印を頂ける時間9時頃~17時頃
    御朱印を頂く場所社務所
    公式サイトなし

    【金乗院】のアクセス

    【金乗院】は豊島区高田2丁目の静かな住宅地の坂の途中にあります。

    • 東京都電荒川線学習院下駅から徒歩で3分
    • 東京メトロ副都心線雑司ヶ谷駅から徒歩5分
    • JR山手線目白駅から徒歩17分
    【御朱印めぐり】東京版お遍路38番札所|住宅街に佇む金乗院(目白不動尊)駅からの詳しい道順も紹介

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    目次
    トップへ
    目次(読みたいページにジャンプできます)
    閉じる